子供の頃、祖父の家に行く汽車の窓から見た高千穂の峰は 右に左に見えてとても不思議でした。